2021年02月15日

2羽のルリビタキ♀・・・

お寺への道の続きです。

またシロハラがいました。

今年、シロハラをよく見かけます。多いのかもしれませんね。


IMG_4190-3-j.jpg


長いツララ。

IMG_4195-j.jpg



お寺につくと、足元でうろつく子がいました。

こちらを気にせずに、地面を突っついています。

ルリちゃんですよねぇ


IMG_4250-3-j.jpg



次に見ると2羽にふえていました。


IMG_4257-2-j.jpg



横を見ると、イカルがカエデの翼果をたべています。


IMG_4267-3-j.jpg



でも地面も気になるし・・・


IMG_4283-3-j.jpg


IMG_4287-3-j.jpg



胸の黄色の部分がうすいので、両方とも女の子かなぁ


IMG_4288-3-j.jpg


IMG_4290-3-j.jpg



何羽かいたイカルも飛び去って、

1羽だけが残ってムシャムシャ食べていました。

こういう子いますよねぇ


IMG_4296-3-j.jpg


帰りの階段の横のツバキかなぁ


IMG_4306-1-j.jpg


ここでもルリちゃんを見かけましたが、

先ほどのどちらかみたいですね。


IMG_4337-3-j.jpg


さて、画像がなくなりましたよ。

どうしますかねぇ・・・


posted by ブリ at 11:43| Comment(2) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

スイセンとルリビタキ・・・

今朝の豊能は雪でした。

昨日からちらちらし始めて、

時折ザーと降っていました。

積もるほどでもなかったのですが、

朝外を見ると、うっすらと白くなっていました。


お山も朝日を受けて美しいでした。


IMG_4115-1-j.jpg


近所の田圃沿いのスイセンが咲く頃かなと出かけました。

少し歩いたあたりでまたちらちら。

光の中の細かな雪、見えますかぁ

IMG_4121-1-j.jpg


スイセンはまだ蕾が多かったですが、

ポツリポツリと咲いていました。


IMG_4141-2-j.jpg


撮っていると、黒っぽい小さな鳥が目の前の木にとまりました。

ルリちゃんです。

思ったよりもずっと黒い。


IMG_4151-3-j.jpg


そういえば、以前撮ったのも雪の日でした。

そういうめぐりあわせなのかな。


IMG_4152-3-j.jpg


IMG_4153-3-j.jpg



くるりとターン。

もう行っちゃうんだと思いましたが・・


IMG_4157-3-j.jpg


振り返って、すこし間をとり、飛び出しました。


IMG_4158-3-j.jpg


IMG_4160-3-j.jpg


後ろ姿を見ると、すこし灰色の羽があります。

まだ若なのでしょうか。


雪とマッチングできなかったのが少し残念ですが、

贅沢は申しますまい。


それから、スイセンをもう少し撮って・・・


IMG_4182-j.jpg


近所のお寺に向かいました。

続きは次回・・・

posted by ブリ at 15:21| Comment(4) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

美しい天蚕の繭・・ヤマカマス

寒いですねぇ

お昼に買い物に行ったころから

雪がちらちらしはじめました。

また夜は冷えそうです。


画像は先週の中頃のものです。

1月末にロウバイのお花が満開になっているのを見ましたが、

公園のソシンロウバイはまだ蕾です。

この寒さでまた蕾が固く閉じてしまうかもしれませんね。


IMG_3812-j.jpg


歩いていますと、シロハラを見かけました。

シロハラは1羽で見ることが多いのですが、

2~3羽いるようでした。


IMG_3829-3-j.jpg


キョキョキョと鳴きながら、先へ先へと飛んでいきました。


IMG_3836-2-j.jpg



いつも通り、セイタカアワダチソウにはベニマシコ。

遠くに男の子。

やや近くに女の子。

IMG_3849-3-j.jpg


IMG_3852-3-j.jpg



雑木林の中に入ると、すぐ横にコゲラが飛んできました。

2羽いましたよ。この子は女の子かな。


IMG_3888-3-j.jpg


IMG_3889-3-j.jpg




見上げると、天蚕の薄緑の繭が残っていました。


IMG_3742-2-j.jpg


ウスタビガの繭です。ヤマカマスと呼ばれていますよ。

羽化したばかりの雌は雄と交尾したあと、

繭にいくつかの卵を産み付けてから移動するそうです。

彼らの口は退化して、生まれてからは子孫を残すためだけに生きます。


以前は11月ごろに立派なヤママユやウスタビガをよく見かけました。

大きな目でかわいいお顔をしているんですよ。

街灯がLEDになってからはめったに見なくなりましたが、

繭を見かけると、がんばって生きているんだなとうれしくなります・・




posted by ブリ at 18:13| Comment(2) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする