2020年03月25日

遠くにアオバト・・

内職が忙しくて、お散歩に行けません。

今朝こそはと飛び出しました。

運動不足で足が弱りそうです。

よく冷えていました。

すりガラスのようなアセビ。

IMG_3841-2-i.jpg


田圃は真っ白で、うっすらと氷も張っていました。

IMG_3857-3-i.jpg


いつものお寺に向かって歩いていましたら、

お寺のお山のてっぺんの木に鳥がとまっているのが見えました。

なにやら黄色い。

IMG_3862-3-i.jpg


アオバトのようです。

毎年近くで見ることができるのですが、

今年は声しか聴いていません。


IMG_3882-3-i.jpg


近づいていくと、下に入っていくというジレンマ^^

お山の上の木ですから、そんなに近くには行けませんけれどね。


IMG_3887-3-i.jpg


↑ここまでかな。

もう他の子は飛び立ってしまいました。

残ってくれていた子が2羽。




お寺に入っていくと、

トサミズキにカワラヒワのペアです。


IMG_3896-3-i.jpg


トサミズキも。


IMG_3899-3-i.jpg


ピンクのツバキ。

暗がりにポツンと一花。


IMG_3898-i.jpg


きれいでした・・もう少し早く来たかった。


posted by ブリ at 13:28| Comment(4) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリさんこんにちは。
すごい!!
アオバトさんがこんなにいるなんて!
ゆっくりお散歩で来たらきっと色々な鳥さんに会えますね。
アオバトさが見られる環境は他の鳥さんもいる気がしますよ。
標高がたぶん高いんですよね。
トサミズキにカワラヒワなんて素敵ですね〜
乙女椿?でしょうか。
可愛いですよね〜
Posted by otome at 2020年03月25日 15:54
ほんまにすりガラスの小さな鈴がついてるみたい!
しゃりしゃりって風に揺られて優しい音が
聴こえてきそう…

薄氷も冷たさより優しさがつたわってくるわん


黄色いとりさんがみのる不思議な木!!!
おもしろいなあ
こんな童話むかあし読んだような…

最後は
やさしいきみどりと
やさしいピンク
Posted by ぐりお at 2020年03月25日 17:09
otomeさん、こんにちは。
アオバトさんはほんとに遠くて小さい点でした。
アオバトさんかなぁというぐらいしかわかりません。
悲しいです。
毎年、どこかの場所で
もう少し近づいて撮れるのですが、
今年は数はそれなりに数えられましたが、
できればもう少しちかくで見たいでした。

そのすぐ後でトサミズキをみて、
なんとなく今朝は黄色っぽい日だなぁなんて、
考えていました。変ですねぇ

乙女椿でしたか。
きれいに開いていました。
少し傷んでいましたので、
もう少し前に見たかったです。
さぼっていた罰ですねぇ^^
Posted by ブリ at 2020年03月27日 12:50
ぐりおさん、こんにちは。
馬酔木、きれいでした。
少し霜が付いていて、
キラキラ輝いて見えました。
もうそろそろアセビのお花も盛りを過ぎました。
枯れる前に、きらりと美しくなるのかも^^

このお花にやってくるコツバメという
シジミチョウがいるのですが、
地味なんですが、かわいいんですよ。
毛深くてお目目が大きくて、
逢ってみたいのですが、なかなか逢えません^^

アオバトさん、羽は紫色なんですよ。
どんな配色やねんと突っ込みを入れたくなるような
変わったハトさんです^^
鳴き声が泣いているような声なんですよ。
一度聴いたら忘れない鳴き声です。
あぁアオバトがないているぅ〜と思います^^
Posted by ブリ at 2020年03月27日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: