2019年10月02日

イボクサの魅力・・・

イボクサは田んぼにはえる雑草です。

休耕田の一面に広がっているのをよく見かけます。

わかってはいるのですが、

なんとなくこのお花に惹かれます。

小ささゆえか、それとも何とも言えない色合いゆえか・・


山水が流れている薄暗い沢の端で見かけたイボクサです。

IMG_0443-2-h.jpg

IMG_0446-2-h.jpg


以前はミズタビラコが咲いていたのですが、

かなり前の豪雨でながされてしまったのか、見かけなくなりました。

IMG_0461-2-h.jpg


ヒラタアブのお仲間かな。

やってきましたよ。

IMG_0463-2-h.jpg

IMG_0464-3-h.jpg

IMG_0466-3-h.jpg


イボクサの名前の由来は葉のお汁を付けるとイボがとれたからだそうですよ。


少し日が差した場所ではナンテンハギが花盛り。

さまざまな青紫が咲き乱れています。


IMG_0469-1-h.jpg


なんとなくツリフネソウも青みがかっているような。

IMG_0470-2-h.jpg


関西ではめずらしい白いゲンノショウコです。

IMG_0471-2-h.jpg

IMG_0472-3-h.jpg


ゲンノショウコは民間で下痢止めとしてつかわれたので、

「げんによく効く証拠」といわれたところからついた名前だとか。


イボクサもゲンノショウコも人にとって身近な植物だったのですね・・

posted by ブリ at 15:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリさんこんにちは。
イボクサも除草剤であまり見なくなった畦の花です。
アゼムシロも見なくなりましたよ。
アカムラサキとアオムラサキと微妙に色が違いますね。
ゲンノショウコの白は珍しいんですね。
農道に小さなピンクのゲンノショウコを見つけると可愛いですね。
Posted by otome at 2019年10月03日 10:54
otomeさん、こんにちは。
除草剤でイボクサも消えてるのですか。
雑草ですから、農家の方にとると
厄介者ですものね。
そういえば、ミゾカクシも雑草ですよね。
でも田んぼの畦で、あの変わった花弁を見かけると、
なんだかほっとします。

ゲンノショウコはこのあたりは
赤というか濃いピンクがほとんどです。
たくさん咲いていて、
ときどききれいだなぁと思って撮りますが、
ほとんどアップしないでそのままです。
濃いピンクが草むらに咲いていると、
緑に映えてとても美しいのですが・・
たまにはアップするといいですね^^
Posted by ブリ at 2019年10月03日 16:03
雑草?薬草?
どちらにしても可愛く咲いとりますがなぁ
Posted by 湖人 at 2019年10月03日 19:14
湖人さん、こんにちは。
イボクサ、かわいいですよね。
なんか名前がかわいそう・・

昔は民間療法で薬草として使われていたみたいやけど、
今は田んぼの雑草かなぁ
農家の方には申し訳ありませんが、
無くなるのはさびしいです。
まぁ休耕田や畦にしぶとく咲いていますけれどね☆
Posted by ブリ at 2019年10月04日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: