2019年09月30日

花畑の中のヒメアカネ・・

明るい場所に出ましたよ。

草むらが広がっていて、

なかをのぞくと花畑のようです。

赤いミズヒキに紫のヤブマメが絡んで美しいです。

IMG_0152-2-h.jpg

IMG_0149-2-h.jpg

白いお花はイタドリの雄花かな。

IMG_0157-2-h.jpg

ヒヨドリジョウゴのお花も咲いて、

IMG_0156-2-h.jpg


緑の実ができていました。これから朱色になりますよ。

IMG_0153-2-h.jpg


風が強い日で、風が吹くたびに黄色い葉がちらちら舞っていました。


IMG_0159-3-h.jpg


田んぼの畦にはヒヨドリバナのつぼみ。

IMG_0194-1-h.jpg

IMG_0192-1-h.jpg


この場所では毎年ヒメアカネを見ることができます。

今年も男の子。

IMG_0134-3-g.jpg


ヒメアカネの女の子。


IMG_0146-3-h.jpg


こちらはサトキマダラヒカゲの夏バージョンかな。

柄が薄くなっています。違うチョウのようですよね。


IMG_0139-3-h.jpg


帰り道に水路の横で見かけた色の薄いツユクサ。


IMG_0319-3-h.jpg


薄紫のお花が青いお花の中にちらちらと混ざっていました・・
posted by ブリ at 15:16| Comment(6) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶりさんこんばんは。
ヤブマメの色が私も大好きですよ。
なかなかヤブマメは見ないんです。
薄い色のツユクサも綺麗な色ですね〜
最近見ないんですが同じ場所にたくさん見ることがありますよ。
赤とんぼさんはヒメアカネですか?
今度。赤トンボさん撮って来て勉強しようと思います。
Posted by otome at 2019年09月30日 18:13
なんとまぁ〜
上品な紫ですなぁ。
でも、これやと
京友禅染の下絵用絵の具に使えまへんわ。
アオバナ商売あがったりやぁ。
Posted by 湖人 at 2019年10月01日 17:04
otomeさん、こんにちは。
ヤブマメの紫色は草むらの緑の中で映えますね。
薄いのから濃いのまで様々ですが、
白い地の色が様々な紫色を
浮かび上がらせて紫好きにはたまりません^^

薄色のツユクサはもっとたくさんあったのですが、
行きに撮ったのは鳥さんを撮った後で、
また補正を直していなくて、
帰りにあわてて取り直しましたが、
時間がなくて、うまく撮れていませんでした。
ほんとにいつも失敗ばかりです。

otomeさんのお近くの赤トンボさん、
どんな子がいるのでしょうね。
たのしみです☆
Posted by ブリ at 2019年10月02日 15:51
湖人さん、こんにちは。
湖人さんのお近くには友禅染の下絵をかくための
オオボウシバナがありますね。
ツユクサの変種なんですよね。
きっとお花が大きいのでしょうね。
だって、青色をたくさんとらないといけないですものね。
小さいお花ではそれこそ労力ばかりかかって、
あがったりですもんねぇ

・・・

調べたら、2mにもなるそうで、
ちょっとびっくり。
お花は4,5pですって。
見たことありますのん?
たくさん集めて絞ったら、
それはたくさんの青がとれますでしょう。
Posted by ブリ at 2019年10月02日 15:58
それを育ててる農家がありましたよん。
そこの子は早朝から花摘みの手伝いしてました。
Posted by 湖人 at 2019年10月03日 08:27
湖人さん、早速のお返事ありがとうございます。
そうですか。
お近くに青花をそだてておられるお家が
あったのですか。
大きくなるみたいですから、
お花が咲いたときは美しかったのでしょうね。
一度友禅の下書きをされているところを
テレビで見た記憶があります。
青花紙に加工されるんですよね。
・・・
またまた調べたら、
湖人さんの市の特産品とありました。
大変なお仕事ですから、
おそらく簡単ではないと思いますが、
これからも地域でまもりつづけていけると
よろしいですね。
Posted by ブリ at 2019年10月03日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: