2019年09月23日

トラマルハナバチとツリフネソウ・・

9月8日の記事でツリフネソウにきていた

スジボソコシブトハナバチを紹介させてもらっていましたが、

今回はトラマルハナバチです。

この子も口吻が長いですよ。

体に白い花粉かな。小さい粒がついていますね。

IMG_0057-3-h.jpg

IMG_0056-3-h.jpg

IMG_0059-3-h.jpg

IMG_0060-2-h.jpg


撮っているときは、全く気づいていなかったんですが、

↓一緒にカモメヅルのお仲間が写っていますね。

葉の基部が浅い心形なのでコカモヅルかな。

IMG_0062-2-h.jpg

これからカモメヅルもあちこちで見かけるようになります。


ルリシジミの女の子。

IMG_0064-3-h.jpg

IMG_0077-3-h.jpg


↓ツリフネソウの色の薄いタイプ。

沢山広がっている場所では、よく見かけます。

IMG_0078-2-h.jpg


仲良し。

IMG_0002-2-h.jpg


ネキトンボの女の子。

翅の根元が黄金色でうつくしいです。


IMG_0013-3-h.jpg


次は林の暗い道をすすみます・・


posted by ブリ at 10:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリさんこんばんは。
先日、ツリフネソウを見てたんですが虫さんの姿は確認できなかったです。
オオスカシバを初めて見たのはツリフネソウでしたからいろいろ居るはずですよね。
カモメヅルも撮ったことが無いような気がします。
今度探して見ます。
ネキトンボもまだ分からないんですよ。
こちらにも居るかな〜
Posted by otome at 2019年09月23日 17:39
昨日、強風の中、堤防を歩くことに(理由はちょっと・・)
風も強いし、雨も時折横殴りで降るし。
傘なんて意味がないんで、なされるがまま歩く。

そんな中、皆様はどんな対応策をとっているのかと
覗いていると、クズの葉の裏にいますねぇ〜。
モミジアオイの花びらの中にしがみついているアゲハもいます。
なかなかやるなぁって感じはタテハチョウだなぁ。
歩道のアスファルトに!
確かに木々に比べれば揺れないかもねぇ。
でも踏まれないでねぇ。
って言うかこんな日に堤防歩いているやつおらんか・・・。

アスファルトのすき間に産卵中のキリギリスもいました。
皆様にとっては風雨なんて関係ないのよねぇ。
Posted by 湖人 at 2019年09月24日 08:40
otomeさん、こんばんは。
いつもおへんじがおそくなって申し訳ありません。
ツリフネソウにオオスカシバ来ますよね。
変わった形のお花ですから、
このお花に特化した虫たちが
集まるのが面白いですよね。

カモメヅルはいくつか種類がありますから、
どの子かがお近くでも咲いていると思います。
小さいし、色も地味だし、
そのあたりに巻き付いているので、
なかなか焦点が合わないかもしれませんが、
otomeさんがその気になられれば^^
すぐに会えると思います。
早くバッチリと焦点があいますように!
Posted by ブリ at 2019年09月26日 23:13
湖人さん、こんばんは。
どうされたのですか。
暴風雨のさなかお家を追い出されたとか。
まさかね。
それはないか・・・

急用で飛び出した。
それにしては優雅に観察などされていますし・・

まぁそういうこともありますでしょう。

風雨のなかの小さき者たちを眺めて、
いわゆるそのぉ〜逃避っていうやつですか。
責任ある地位におられる方は
そういう時間も必要なのかも。
お察し申し上げます・・
Posted by ブリ at 2019年09月26日 23:21
車で駅前まで出かけ
まちブラをしていて
酒蔵に入り
店主にすすめられるまま
調子にのって
試飲したので
歩いて帰ることに・・・。
Posted by 湖人 at 2019年09月27日 08:19
湖人さん、こんにちは。
優雅ですねぇ
もしかしたら、お仕事がらみですか。
仕事人間の湖人さんでいらっしゃいますから、
何事もお仕事に結びついていくのかもしれません。

でもふと気づくと
雨風の中で虫たちを眺めていた・・
うぅ〜ん、深いなぁ
Posted by ブリ at 2019年09月28日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: