2018年12月06日

天使の階段・・

天使のはしご、薄明光線、レンブラント光線などなど

ステキな呼び名があるそうです。

学生時代、学期末テストで煮詰まっていたときに

窓から外を眺めていると見えました。

しばし現実を忘れましたよ。

自然は美しいものを見せてくれます。

あの時の光とは比べ物になりませんが、

昨日少し高い場所から眺めた景色です。

IMG_0201-3-g.jpg


鳩かなぁ 遠くに見えました。

IMG_0225-1-g.jpg

IMG_0227-1-g.jpg

IMG_0230-1-g.jpg


現実に引き戻す画像ですが・・

IMG_0214-1-g.jpg

IMG_0215-2-g.jpg

IMG_0216-1-g.jpg

IMG_0220-2-g.jpg

IMG_0198-1-g.jpg

posted by ブリ at 18:34| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんまに自然というんは
美しいもんを 見せてくれますねえ
太陽の光を優しく通す雲
ため息がでます

私のベッド 窓側にあるんですが
毎日目覚め空を見上げる楽しみは
つきません(真冬でも真夏でも
絶対カーテンはこの楽しみを
逃さないため閉めません。)

そしてやっぱり優しい紅葉。

最後の一葉…ではなく一粒…ですね
忘れられたラディッシュも
優しい画像が続いたあとには
ちっとも寂しくは見えないなあ…
Posted by ぐりお at 2018年12月07日 05:51
一番目の光景はよく湖岸で目にしますよ〜。
それが湖面に反射してキラキラと
水撮りが飛び交って・・・
鼻水も垂れて
Posted by 湖人 at 2018年12月07日 08:23
ブリさんこんにちは。
天使の梯子、素敵ですよね〜
時々見ることがあるんですが撮ったことは無いです。
木々の葉っぱも寒さで色付きましたね。
こちらでもまだ見られます。
ラデッシュには驚きました。
ブリさんは優しいですね。
捨てられたラデッシュにも目が行ったんですね。
Posted by otome at 2018年12月07日 15:56
天使のはしご、登って
チーコに会いに行きたいナ。。
な〜んてアホなことを思いました。

ラストの一粒も葉っぱもキレイです♪

Posted by michiko at 2018年12月08日 16:26
ぐりおさん、おはようございます。
ぐりおさんのベッドは窓際にあるのですか。
朝起きて空が見えるというのはうれしいですね。
わたしのベッドがそんな好位置にあれば
起きずにしばらく眺めていそうですよん。

私のベッドは窓から離れていますし、
起きるときはいつもシャッターが開いていません。
いまは朝が早いですから、
開けても真っ暗ですが・・^^

この朝は二十日大根の赤紫が目に残りました。
畝から抜かれて、いくつも放り出されていました。
土の中は暖かでしたでしょうに、
今朝は雪がちらちらしていますので、
きっと寒いだろうななんて考えていました^^
Posted by ブリ at 2018年12月09日 11:26
湖人さん、天使の階段って
電車で淀川を渡っているとかに
ときどき見かけますから、
水の上が出やすいのかもしれません。
湖人さんの動画でも見せていただいたことがあるような気がします。

探しましたら、
15年の「琵琶湖の夕景/梅雨合間」で
きれいなヤコブのはしごが見えましたよん。
冬が多い気がしますがそうでもないのですね。

また見かけましたら、撮ってみますが、
どう撮ればいいのかよくわかりません。
今回も画像にすると、
光線がほとんどみえなくなってしまいました。
仕方がないですねぇ^^
Posted by ブリ at 2018年12月09日 11:51
otomeさん、こんにちは。
わたしもどう撮ってよいのかわからなくて、
いつもは見るだけにしているのですが、
今回は高い場所で眺めていると
目の前に広がっていたので撮ってみました。
遠くに鳥が飛んでいるのがとても神々しくて、
すてきな光景だとおもったんですが、
ダイナミックな様子が全く伝わりませんね。
もうがっくりです。
まぁこんなのがきれいに撮れたら
写真家になっていましたから、
こんなものでしょう^^
また逢えたら挑戦してみます・・

二十日大根、きれいだったんです。
雨で洗われたのでしょうか、
赤紫が鮮やかで、
この朝はヤコブのはしごよりも
こちらの方が目に残りました・・
Posted by ブリ at 2018年12月09日 12:00
michikoさん、こんにちは。
天につづいているかもと思ってしまう光景でした。
こんなのを登っていけたらほんまによろしいですね。
でもチーコちゃんはmichikoさんのそばにいますよ。
こんな長い階段登っていってもそこにはいなくて、
しんどいだけですよん

michikoさんの今回の記事を読ませていただいて、
すぐに書かせていただいたコメントが、
ひどくてやめました。
しばらくして落ち着いてから
また書かせていただいたんですよ。
そんな行動を続けていたら、
みんなから相手にされなくなるとか、
自分で自分の首をしめている・・とか
もう忘れましたが・・^^

わたし、めったに怒らないですが、
怒ってもいいことはないとおもっています。
ただ怒るということはエネルギーがいりますから、
それだけのエネルギーがあるということで、
それに関しては喜ばしいことかもしれませんよね^^

パンのやけ食いの胸焼けおさまりましたか。
Posted by ブリ at 2018年12月09日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: