2017年05月19日

ギンラン・・

昨日の記事の続きです。
タイトルも続いていますよ^^

ササユリの斜面をもう少し上がっていくと、
このあたりでは高いところに出ます。
景色は↓こんな感じです。

IMG_0721-1-d.jpg

↑下の方にホウノキが見えますね。

IMG_0720-3-d.jpg

ちょうどお花が咲いていました。
ホウノキはなかなか上から写す機会はありませんのでパチリ。

IMG_0718-3-d.jpg

そして少し下って、毎年ギンランの咲く場所です。
今年もたくさん咲いていました。
この場所はいろんなお花が咲きますので、
どうぞこのまま残ってくれますように。

IMG_4058-3-j.jpg

IMG_4068-3-j.jpg

↓小さな双子ちゃん。

IMG_4072-3-j.jpg

↓立派な双子ちゃん。

IMG_4073-3-j.jpg



山でもツバメをよく見かけます。
お顔がもう一息ですねぇ

IMG_0624-3-d.jpg

IMG_0625-3-d.jpg

次回はまた逢った あの子たち の予定です^^

posted by ブリ at 17:48| Comment(4) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホウの花は高いのでなかなか見えないですね。
立派なギンランですね。
こちらではだんだん少なくなってしまいましたよ。
その年の天候によっても咲き方が違うのかもしれないです。
Posted by otome at 2017年05月19日 20:48
おやまの緑がきれいですねえ・・・
私、いまの季節がいちばん好きかも。
あ、冬も大好きやったです。

ところで「ぎんらん」この名前
なつかしいです。
小さい頃図鑑を見るのが好きで
ぺージごとに好きな植物に順番を
付け遊ぶ子だったのです。
「春の林」のページでは一位は「ぎんらん」
ちなみに二位は「おどりこそう」
なんで覚えているかといえば
その図鑑を見つけて今みているから。
ブリさんの おかげで小学生のころに
ひととき戻り楽しみました。

ぎんらん、昭和33年発行の図鑑は絵やけどほんものは
もっと素敵ですね。
Posted by ぐりお at 2017年05月20日 11:09
otomeさんへ
ホオノキ、大きくって見ているだけで、
心が和みます。
大きな葉っぱが冬に落ちているのを
眺めるのも好きです。
朴葉焼きなどに使われますが、
いい香りがするんですよね。
そう思えば、お山で落ちている
ホウノキの葉の匂いってしたことないですねぇ
眺めるばかりで・・^^
今朝も買い物ついでに
お山を歩いたのですが、
おもっているよりもたくさんの
ホウノキを見かけました。

フデリンドウ、写されていましたねぇ
今年は会えませんでした。
もう一か所見に行きたかったのですが、
これだけ暑くなるとだめでしょうねぇ
いつも冷たい風が吹いているときに
お山の斜面で写します。
でも日差しは暖かっていうぐらいの時期なので、
今年は見逃してしまいましたねぇ
まぁ年ごとに出ることができる時期も異なりますし、
いろいろあって仕方がありませんね。
チゴユリもお花はちらほら残っていましたが、
ほとんどがすでに小さな実を付けていました。
Posted by ブリ at 2017年05月21日 14:59
ぐりおさん、こんにちは。
私も緑の美しい時期が好きですよぉ
そのなかでも先週ぐらいかなぁ
柔らかい緑がきらきら輝いている時期があります。
1週間ほどですが、それは美しいです。
お山に入って、見上げているだけで
幸せな気分になります。
ほんと単純です。

小学校の頃の図鑑を残しておられるのですか。
いいなぁ
私は何にも残っていませんよ。
中学ぐらいまで、いろんな歌が載っている
赤いビニールの表紙のハンディタイプの本を
ときどき最初から歌っていたんですが
その本は残しておきたかったなぁ
あのころに覚えたことは忘れませんから、
いまでもいろんな歌の歌詞は
なんとなく覚えていますもん
ぐりおさんがギンランのことを
覚えておられる感覚が
何となくわかります^^

Posted by ブリ at 2017年05月21日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: