2017年04月11日

ヤマエンゴサクの可憐さ・・

お山の日の当たる斜面でさいていたケシ科のヤマエンゴサク。
春の妖精(スプリング・エフェメラル)の一種です。
春早くにお花を咲かせ、若葉のころには地上部はかれてしまい
次の春まで地中ですごすんだそうです。
だから春の妖精・・

このお花いつも変わった形だと思います。
ご覧になっているとわかると思いますが、
微妙に色や形が違いますでしょ。

↓薄いブルーで唇の中の部分に丸みがある。
これがいちばん美しいときかなぁ

IMG_8851-2-c.jpg

お花の形は外側の花弁が2枚・・唇型の部分で上下に2枚です。
そしてその内側に2枚・・これは丸い部分で左右から2枚ひっついています。
中に雄しべと雌しべがつつまれているんだとか。
そう思ってみると、ほんとだぁと思います^^

IMG_8845-3-c.jpg

IMG_8848-3-c.jpg

この場所の子たちを見ていると、
どうも若いほど赤紫でさくほどに薄いブルーにかわっているような・・

IMG_8849-1-c.jpg

IMG_8850-2-c.jpg

IMG_8852-2-c.jpg

春先の一瞬の間だけ咲くお花たち。
たしかこの前のキンポウゲ科のニリンソウも春の妖精さんです。
じっくりと堪能したいのですが、春先は人が忙しい。
俗っぽいお話でお花に申し訳がないです・・・^^

今日の虫さんは、そばにとまっていたベニシジミ。
春は朱色の部分が鮮やかです。

IMG_8843-3-c.jpg
posted by ブリ at 18:01| Comment(4) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリさんこんばんは。
ヤマエンゴサクたくさん咲きましたね〜
こちらで見るお花の形と違うような気がします・・・
先端が大きく見え淡いブルーのグラデーションの色が綺麗ですね。
Posted by otome at 2017年04月11日 23:03
こんばんは。
こちらではエゾエンゴサクが咲きます。
小振りで色は水色、薄紫、たまに白がありますよ。
やわらかいうちは、お浸しなどで食べられるけど
特別美味しいわけじゃないです。

ドラマ『風のガーデン』でラストに
一面に咲いてるシーンがありました。
桜と同時期に咲くので、幸せを感じる花です。(*^^*)
今日は雪が降りました。。┐('〜`;)┌
Posted by michiko at 2017年04月13日 23:52
otomeさん、おはようございます。
この子たち、毎年見るのですが、
いつもこんな形だったかなぁと思う、
不思議なお花です。
エンゴサクにもいろいろあるみたいで、
このあたりではキンキエンゴサクというのもあるそうです。
見比べてみるのですが、
やはりヤマエンゴサクかなぁなんて、
毎年同じ道をたどって
ここに落ち着きます。
落ち着いたあたりで、
あぁ去年もこんな風に考えたなぁなんて
思い出したりして・・
進歩がありませんねぇ^^

この場所の子はなんとなく豪華な気がします。
他の場所ではまだ葉っぱだけだったりしましたから、
この子たちは日陰が好きだと思うのですが、
この場所は意外と日が当たるのです。
さて、実際はどちらがいいのでしょうね^^
Posted by ブリ at 2017年04月15日 08:05
michikoさん、おはようございます。
エゾエンゴサク、画像でしか見たことがありませんが、
葉が丸くてかわいいですよね。
お花はよく似た色合いのものもありますが、
ブルーが強くて、やはり北の大地のお花は美しいです^^
桜と同時期に咲くのですか。
淡いピンクとこのお花の組み合わせを
想像するだけでうっとりしてしまいます^^

スープ屋さんのお話。最後の1話を読みました。
ここがみそでしたねぇ
すごいなぁあんなことってあるのですねぇ
誰が誰になるんだろうと
ワクワクしながら読みました。
母が調子が悪くて、今週は片道3時間の
実家との間を行ったり来たり、
かなり疲れましたが、
行き帰りの電車で本を読めたり、
あちこちで満開の桜を見たり
良いこともありました^^
Posted by ブリ at 2017年04月15日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: