2019年10月02日

イボクサの魅力・・・

イボクサは田んぼにはえる雑草です。

休耕田の一面に広がっているのをよく見かけます。

わかってはいるのですが、

なんとなくこのお花に惹かれます。

小ささゆえか、それとも何とも言えない色合いゆえか・・


山水が流れている薄暗い沢の端で見かけたイボクサです。

IMG_0443-2-h.jpg

IMG_0446-2-h.jpg


以前はミズタビラコが咲いていたのですが、

かなり前の豪雨でながされてしまったのか、見かけなくなりました。

IMG_0461-2-h.jpg


ヒラタアブのお仲間かな。

やってきましたよ。

IMG_0463-2-h.jpg

IMG_0464-3-h.jpg

IMG_0466-3-h.jpg


イボクサの名前の由来は葉のお汁を付けるとイボがとれたからだそうですよ。


少し日が差した場所ではナンテンハギが花盛り。

さまざまな青紫が咲き乱れています。


IMG_0469-1-h.jpg


なんとなくツリフネソウも青みがかっているような。

IMG_0470-2-h.jpg


関西ではめずらしい白いゲンノショウコです。

IMG_0471-2-h.jpg

IMG_0472-3-h.jpg


ゲンノショウコは民間で下痢止めとしてつかわれたので、

「げんによく効く証拠」といわれたところからついた名前だとか。


イボクサもゲンノショウコも人にとって身近な植物だったのですね・・

posted by ブリ at 15:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする