2019年07月04日

オカトラノオとウスバキトンボ飛翔・・

昔からよく寄せてもらっていた栗林。

先日フタリシズカが咲いていた場所です。

オカトラノオが咲きだしていました。


IMG_7522-2-g.jpg

IMG_7523-3-g.jpg

IMG_7524-2-g.jpg

可愛いお花ですよね。

↓こちらはアザミの花後。何気に美しかったので。

IMG_7531-2-g.jpg

そして、ここにもクララが咲きだしていました。

IMG_7519-2-g.jpg

IMG_7528-2-g.jpg


こうしてみていると、

長靴のようなお花の形はイタチササゲにも似ていますね。


↓ツマトビキエダシャクかな。

蛾を撮るのは久しぶりです。

IMG_7529-3-g.jpg


この子も久しぶり。ウスバカゲロウ。

大きな翅でふわふわ飛んでいました。

IMG_7478-3-g.jpg


最後はウスバキトンボ。

6月の終わりでしたが、

坂道のうえのほうでスイスイと飛んでいました。

IMG_7579-3-g.jpg

IMG_7580-3-g.jpg


ウスバキトンボは不思議なトンボなんです。

このあたりでは冬越しできないので、

この子は、おそらく南から世代交代を繰り返して

本州を北上してきたと思われます。


もうひとつ、すごいと思うのは、

トンボって固いですけれど、この子はふわふわの柔らかい身体です。

体や翅の強度を犠牲にして飛ぶことに特化したという点です。




さて、オカトラノオはアスカちゃんと歩いた散歩道にも

たくさん咲いていたのですが、

太陽発電のパネル据え付け工事で削られて

すっかり様変わりしてしまいました。

少しはどこかに残っているかな。

一度見てきますね^^
posted by ブリ at 18:03| Comment(6) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする